仮想通貨FXは株式会社クリック(坂本俊介)のタップアンドクリック(タプクリ)がおすすめ!?

お金大好きフリーターのFXブログ

未分類

仮想通貨で儲けた国とは?

投稿日:

副業で知られている仮想通貨で一番収益を上げた国ですが、一番利益を上げた国はアメリカになります。
その理由ですが、まず仮想通貨を生み出したのはアメリカになり、ビットコインをはじめ数々の仮想通貨が生み出されています。
アメリカは当時、産業と言えるものが乏しく、かつ機械産業というジャンルにおいてシェアを失いつつありました。その為、新しい産業を必要としており、その中誕生したのがビットコインのような仮想通貨というジャンルなのです。

この仮想通貨がビジネスになると分かると生まれたのが仮想通貨の交換所や販売所があげられ、交換所や仮想通貨の販売所が生まれたことにより、商品である仮想通貨自体を開発する必要性が生まれ、アメリカはビジネスとして過疎通貨を生み出したのです。

一方、アメリカ以外にも実は仮想通貨で利益を上げている国は存在しています。例えば中国は、実は仮想通貨の取引を国民が参加することを禁止していますが、実は仮想通貨の取引量は2位でマイニングという仮想通貨の取引を記録する作業だけでも収益を上げています。
これは中国は電気代の概念が日本の電気代の半額である点、仮想通貨のマイニングに使用するパソコンの部品群が集まりやすい環境下にある点などマイニングに適した環境下にあるため、仮想通貨をトレードしなくとも実はマイニングだけで収益を上げていくことができるのです。

要は、仮想通貨は、人口が多い場所、例えばアメリカに中国といった国においては参加者が増えることで収入をもたらし、実質サービスを提供している側に国がうわまっていようといまいと仮想通貨で利益を上げることができるのです。では、日本の順位はどのくらいであるかですが、日本の順位は中国の下で3位の順位で仮想通貨で利益を上げています。

日本の場合は、早期に仮想通貨に参入した投資家が多い点、マイニングという手法が確立されているがマイニングで収入を得ている人物が少ない点にあり、純粋に先行投資した人物たちが収益を上げたため3位という順位になっています。

元々は中国の方が日本よりもはるかに収益を上げていなかったのですが、中国は電気代が安い上マイニングで使用するパソコンの入手が容易である点があるため、人海戦術でマイニングに参加されてしまうと中国の方に収益が移動するということになり、日本は順位を下げる結果となったのです。

以上が仮想通貨で収益を上げた国ですが、仮想通貨を生み出した国はトップで収益を上げ、マイニングに参加しても収益を上げることができるということですので、人口が多い国は収益を上げていると結論付けます。

-未分類

Copyright© お金大好きフリーターのFXブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.